絶対借りれる消費者金融

最終更新日 2017/5/28

消費者金融一覧

確実に借りるためには

確実に消費者金融やキャッシング会社でお金を借りるためには、各金融業者の審査基準を十分に把握しておく必要があります。当然のように各金融業は審査基準が異なります。こちらの金融会社では審査に通っても、あちらの業者では落とされるケースも発生します。それは審査基準が異なるからです。

通常、大手銀行系の消費者金融は借り入れ件数が3件を超えていると審査には通りにくいとされています。また、年収の三分の一以上の借入がある場合も審査には通りません。大手は一番審査が厳しいとされていますので、多重債務の方や無職といった方は回避されたほうが無難でしょう。

借り入れ件数が4件以上あるような方は、低金利の大手金融会社はあきらめて、中小中堅の消費者金融をおススメします。中小といっても、大手と左程変わらない金利で貸し出していますし、顧客獲得競争によってサービスも良好です。ただ、中小といってもピンからキリまでありますので、よくよく貸し出し条件を吟味して選びましょう。

借り入れ先がわからない方は、金融掲示板の口コミ情報を見るか、当サイトのおススメ金融情報などを見ると、自分に合った借入先がわかります。

審査に通る

消費者金融やキャッシング会社でお金を借りるためには、各金融会社の審査を通過しなければ融資を受けることはできません。金融会社の審査基準は概ね、共通しておりますので、その審査基準を理解していれば審査に落ちることはないでしょう。一度でも審査に落とされてしまうと、そのことが信用調査会社に載ってしまいますので、なるべく審査に落ちないようにしたほうが得策です。

審査基準

では審査基準とはどういったものなのか。まず第一の審査基準は、融資を申し込む当事者の収入です。きちんとした職業に就いて、一定の収入があることが条件となります。無職でキャッシングは、クレジットカードの現金化以外では不可能です。

勤続年数も一年以上であったほうが有利となります。パートやアルバイトでも審査に通ることもありますが、その場合は借入限度額が低く設定されてしまいます。公務員や大企業に勤務している人などは信用度も高くなりますので、限度額も高くなります。

債務状況

そして次に重要なことは、現在の債務状況です。もしも現在、年収の三分の一以上の借入があるならば、総量規制の対象となりますので大手や中小の消費者金融では借りれません。また、過去に支払いの遅延行為や債務整理をしてブラックリストに掲載されている人も、審査に落とされてしまいます。そういった方は、少々金利が高くなりますが、多重債務者やブラックを対象とした金融会社を探せば借りれます。